すき昆布と油麩と切干大根の煮物

簡単!  時短で栄養満点煮物のご紹介!

0
157
views
すき昆布 あぶらふ 切干大根

手軽で栄養価も高く、なにより美味しいおかずです。あぶらふを入れることで、煮物全体の味が一段とアップします。あぶらふにも、昆布と切干大根の美味しい味がしみるので、全体、時間をかけてよく煮込んだような深みのある味に仕上がります。

すき昆布も、あぶらふも、東北地方出身でない方は、知らないかもしれませんが・・・・・。

【材料】2人~3人分
・すき昆布(乾燥)、一枚
・油麩一袋(スライスしてあるものが便利です)
・切干大根一袋

【調味料】
・つゆの素(お好きなメーカーのもの)。筆者は”にんべん”を使用しています。
・みりん

【作り方】
1. ボールにはった水に乾燥すき昆布を浸して戻す。1枚のままだと大きいときは、キッチンバサミでじょきじょき2等分に切って浸す。

2. 切干大根もすき昆布同様に水に浸して戻す。

3.軽く水を切った1と2を大きめのフライパンか鍋にいれ、それらが浸るくらいたっぷりの水を注いて火にかける。甘めのほうが美味しいので、甘味足しにみりんをかけ、目分量でつゆの素も注ぐ。不安な方は味見してくださいね。

4 火をつける。鍋が煮立ってきたら、味を見て好みの味付けに修正してください。そして、袋から取り出した油麩を投入。油麩からいい出汁が出るので、お汁の味は、薄味でも美味しく感じますよ。また、油麩が出汁を吸うので、お汁は多めにしておいたほうが無難です。

5. 15分程度煮て、油麩が汁を吸っていい色になり、材料全部にも火が通ったら出来上がりです。筆者は、昆布も切干大根も歯ごたえのあるほうが好きなので、あまり煮ませんが、柔らかいのが好みの方は、長く煮てください。長く煮ると、くったりした感じになり、こちらも美味しいです。